また髪.com@ハゲ2chまとめ

(´・ω・`)「また髪の話してる…。」 禿、薄毛のお悩み紹介や対策などを掲載している ハゲ・ズラ@2ch掲示板(おーぷん、SC)まとめサイトです。

【PR】これでダメなら諦めて下さい!最強自宅発毛法 育毛の達人式Vol.2.0
既に1万名以上の方が購入 自宅で簡単にできる発毛法です

TAG index
【PR】

画像

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 21:02:15.44 ID:L/BhR13T00909.net
pickup_ph01

深津英臣
25歳とかウッソだろお前…

引用元:/tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1441800135/

【【画像あり】バレー男子代表にとんでもないハゲがおる【深津英臣】】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 21:56:06.60 ID:UVOnnlT8E.net
Rb9s8Co

ワロえないンゴ

引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1439124966/

【【画像あり】ワイ(31歳)、最近ハゲが気になる】の続きを読む

1: Ψ 2015/07/10(金) 09:32:09.05 ID:GZ8eMvDf0.net
kaneshiro
俳優の金城武と長澤まさみが、台湾で8月14日に公開される映画「太平輪:驚涛摯愛」の予告映像で、
濃厚なキスシーンを披露している。同作で2人は、戦争のため引き離されたカップルを演じる。

同作は、昨年12月に封切りされた「太平輪:乱世浮生」の後編。1949年に中国大陸の上海から台湾の基隆
へ向かう途中に沈没した大型旅客船「太平輪」の事故を題材に、戦乱の時代を生きる3組のカップルの愛情を描く。
キャストには金城や長澤のほか、チャン・ツィイー(章子怡)、ホアン・シャオミン(黄暁明)、ソン・ヘギョら
アジアのスターが顔を揃えた。

金城の役どころは、日本軍に軍医として徴兵された台湾医師。一方の長澤が扮するのは、
裕福な家庭に生まれた日本女性だ。

このほど公開された予告編では、「戦争に身を捧げるなら、愛に捧げたい」とのセリフとともに、長澤が金城のジャケット
をはだけさせ、相互に唇や首元に熱い口づけを交わすなど、2人の情熱的な愛情が表現されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150703-00000006-ftaiwan-cn

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1436488329/

【【悲報】金城武さん(41)ハゲる【画像】】の続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/07(金) 02:54:15.087 ID:V1+ADbiM0.net
Lz4moUF

はげやばくね

引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1438883655/

【【画像あり】高2だけど頭頂部に危機感を感じる…】の続きを読む

1: 丸井みどりの山手線 ★ 2015/08/29(土) 15:34:01.32 ID:???*.net
1440776966520

http://www.yukawanet.com/archives/4929110.html

エンブレム問題で揺れる佐野研二郎さんですが、
本日原案となるエンブレムが公開されました。と同時に
その際に利用されていたイメージ写真がまた問題が起きております。
動画内では、空港に東京オリンピックエンブレムがつかわれていたのですが、その空港の写真がどうやらほかのサイトから流用されたものである可能性が強まりました。
しかもコピーライトが削られていたのです。

こちらが原案の背景で使われていた空港のイメージ写真。
右下にはコピーライトが記載されており、基本的にはこの表記をはずして利用することはNGである。
が、本日公開されたロゴの写真にはこのコピーライトが外されて
流用されているのではないかという疑惑が持ち上がっているのだ。


この写真がほかのサイトから流用されたものか、
それとも使用許可を得たものかは定かではないが、
いずれにせよコピーライトを削るのはよろしくない行為である。

原案でなんとか解決したいオリンピックエンブレム問題だったが、
問題はさらに良からぬ方向に行きそうだ。
sano


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1440830041/

【パクリハゲ佐野研二郎、エンブレム原案展開図にも盗用疑惑【第二の小保方】】の続きを読む

このページのトップヘ