また髪.com@ハゲ2chまとめ

(´・ω・`)「また髪の話してる…。」 禿、薄毛のお悩み紹介や対策などを掲載している ハゲ・ズラ@2ch掲示板(おーぷん、SC)まとめサイトです。

【PR】これでダメなら諦めて下さい!最強自宅発毛法 育毛の達人式Vol.2.0
既に1万名以上の方が購入 自宅で簡単にできる発毛法です

TAG index
【PR】

フィナステリド

1: 毛無しさん 2012/07/20(金) 12:57:17.79 ID:V9LsO6hB.net
前立腺肥大でノコギリヤシ飲み始めたら
禿にも効いてる模様
以前は夕方以降になると頭皮がヒリヒリして毛が抜けてたのにそれが無くなった
DHTとレセプターの結合を阻害する脂質が含まれているらしい

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/hage/1342756637/

【【サプリ】ノコギリヤシの効果がマジですごいんだが】の続きを読む

1: 毛無しさん 2015/08/07(金) 11:35:58.25 ID:rJsssHvw.net
おしえて

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/hage/1438914958/

【結局ハゲ治すには何が効くのさ!?】の続きを読む

1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2015/07/19(日) 15:24:59.13 ID:E+oNY/sq0.net 
“ジャニーズ系”だった小日向文世 おデコとともに広がる役柄
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/07/19/kiji/K20150719010761470.html

kohinata2
kohinata

 最近、この顔を見ない日はない。俳優の小日向文世(61)。NHK連続テレビ小説「まれ」、フジテレビのドラマ「リスクの神様」(水曜後10・00)
に出演中で、映画「HERO」も公開。ソフトバンクのCMも始まり、まさに引っ張りだこだ。
優しい笑顔が印象的だが、悪人役にも起用される理由は「広めのおでこ」。出掛けのキスを欠かさない愛妻家ぶりも語った。

 モノクロ写真のイケメンは、23歳の時の小日向だ。劇団「オンシアター自由劇場」の願書と一緒に送ったもの。
38年後の本人と見比べ、ついつい頭に目がいってしまうが「髪の毛もいっぱいあったからね。ちょっとジャニーズ系でしょ?」とちゃめっ気たっぷり。

 薄くなった頭髪もネタにする明るさで、カメラマンに「なるべくたくさん髪の毛が写るように撮ってね。枝豆みたいになっちゃうから」とリクエスト。
通販で海外から育毛剤を取り寄せ努力していることも明かし「ハゲじゃなく、おでこが広め。ここまでが顔だと思ってるんだけどな」
と生え際を懸命に指さす姿はとてもチャーミングだ。

引用元:http://meguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1436287099/

【【画像あり】若い頃の小日向文世イケメンすぎwwww髪もフサフサ】の続きを読む

1: 毛無しさん 2013/10/19(土) 20:44:42.17 ID:ZJKzulTk
デュタについて語るスレ

引用元:http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/hage/1382183082/

【デュタステリドの育毛効果について語ろう】の続きを読む

1: 毛無しさん 2013/12/05(木) 19:30:21.55 ID:PligHe1Q.net
2012年8月、アメリカでポストフィナステリド症候群財団(PFS)が設立されました。
http://www.pfsfoundation.org/

この財団の役割はフィナステリド症候群が身体に及ぼすリスクや薬の服用を中止してもなぜ発生するのか。
全世界で取り組まれているフィナステリド症候群の治療の臨床データの情報収集をおこなうことで有効性や治療方法の研究に役立てることが目的です。

EUですでに3年前に確認されていたフィナステリド症候群がイギリスに情報が伝わり問題視されたのが2010年。EUやイギリスのフィナステリドの注意書きの追記などがアメリカで話題になったのが2011年。
その後、1年をかけて2012年にアメリカで注意書きの追記やメディアで話題となりましたがフィナステリド症候群が各国に広がるきっかけとなったのは一般の方達の間での情報共有や個人や団体がフィナステリド症候群に対してのHPを開設したことがきっかけです。

日本では未だに一般の方達にもその情報が知られておらず、海外の訴訟や注意書きの追記も報道されておりません。これまで繰り返し海外のフィナステリドの事情などをご紹介して参りましたが一部の方達には医師からも説明もなく、他で報道を目にすることもないこと。
アメリカは元々訴訟大国だから裁判も大げさなのではないかというご意見をお持ちの方もおられるようですがそれであればポストフィナステリド症候群財団など設立されることがあるでしょうか?

何より、今後は各方面の医師や研究者が設立したPFS財団に各国の情報が集約されることでフィナステリドの安全使用、後遺症が出た際の治療法など今後の研究に役立つ情報が集まる事で様々な研究にも大きく役立ちます。

ひとつ心配なのがフィナステリドの後遺症や副作用の情報を全く把握していない日本の医師にどのようにしてフィナステリド症候群という症状が周知され、このような財団の存在を知るかによって日本でのPFSの患者を減らすことができるかが大きく影響すると思います。

キャプチャ
【【AGA治療】プロペシア(フィナステリド)の副作用について語ろう】の続きを読む

このページのトップヘ